2020/04/26 15:11

こんにちは。

十徳日本酒販売所の店主・小島です。

今回のブログではお酒の味わいについて。
そして酒屋、飲食店の永遠のテーマ「辛口」についてです。

まず日本酒の辛口、甘口についてはこちらを見てもらえればなんとなくは掴めると思います。
ちょっと長いです。
よそのブログになりますが、自分が書いた記事なのでいいかな。

で、今回このブログでお伝えしたいのは当店にあんまり甘口が無いということ。
だから大体のお酒が基準値から見ると辛口です。でも辛口かと言われるとどうだろう?と。
そして実際にしっかり辛いお酒も少ないんです。
つまり辛口というご提案だとご提案の幅が狭いです。
でも実際に辛口で、っていうご要望に対して試飲していただくと、
そんなに辛くないお酒でも「美味しい」と言っていただけます。

なので皆様にご提案です。
これからは飲食店さんや酒屋さんで、「辛口のお酒」と言うのではなく、

「後口がキレの良いお酒」「後味がすっきりしたお酒」

と言いませんか?
こうすればおそらく甘いお酒は出てきません。たぶん出てこないと思う。出て来ないんじゃないかな。まぁちょっと覚悟はしておけ・・・
ですが今までご提案されてこなかったお酒も出てくるようになり、飲む日本酒の幅も広がります。
もちろん「辛口がやっぱり好き!」という方もいらっしゃいますので、それはそのままで大丈夫です。
とは言いつつ、辛口というものをもっと僕自身も勉強していかないといけません。

という辛口と書いてあるお酒が少ない、小さい酒屋ながらの悩みからくるご提案でした。
写真のお酒は本醸造はちょっと辛口、真ん中は味のある辛口、一番右の超辛口は端麗辛口って感じです。